スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
HIDレポート(バイク用H4 Hi/Lo切替付の巻)
ドピューーーン!
闇夜を切り裂くヘッドライト光が、貴方の走りの存在感を際だたせます!
hid- 007
ということで、最近流行のHIDがラインナップに加わりました。
しかも保証付きフルキットで、すべての商品がジャスト1万円ワンプライスです!!
で、このキット、安いので親切丁寧な取り扱い説明書がありません(T_T)
ですので、ここで説明をさせていただきたいと思います。
取付に関してはHID特有の注意事項もあるのですが、ここでは配線方法を重点的にご説明します。
HIDは熱対策が比較的神経質にならなくて良いのですが、バラストというメインコントロールユニットが振動にデリケートという面があります。
自動車、オートバイとも当然振動している訳ですから、バラストには過酷な取付環境という前提となります。
バラストの固定に際しては、出来るだけ振動をソフトに受け流す工夫を行ってください。

さて、キットの中身はこんな感じです。
こちらは標準バラストのキットです。
hid- 010
そして超薄型バラストのキットです。
hid- 012
薄型はバラスト内に収納されていたイグナイターを配線上に持ってきており、必要スペースを分散させている様です。
その差は歴然
hid- 013


本題の配線ですが、非常に簡単です!
・・・がちょっとめんどくさい部分もあります。(安さ故(T_T))
まず、キットの構成部品同士の接続ですが、専用コネクターになっていて、ペアになるコネクター同士を繋げていけば、間違うことは まず 無い筈!
これを間違えてしまうようでは、料金払って整備工場に依頼した方が良いかと・・・
コネクターは画像で確認できる様なペアになっていますので、それぞれ"カチッ"と抜け止めがロックされるまで押し込んでください。
hid- 017

次に車体のヘッドライト信号を取るため、車体のヘッドライト配線との接続と、電力を効率よく供給するためにバッテリーから電源を取ります。
hid- 018
画像上側の青と茶の2本の配線がヘッドライト配線へ繋ぐ線です。
車体のロービーム側(+)線とキットの青線を、車体のハイビーム側(+)線とキットの茶線をそれぞれ接続してください。車体の(-)線は接続しません。
で、ここが唯一面倒くさい加工が必要になります。
このキットは、汎用性を高めるために、車体との接続をH4専用としていません。
よくあるH4専用キットですと、3極カプラーを使って車体側カプラーに差し込むだけなのですが、このキットはタダのギボシ端子になっています。
したがって、ヘッドライト信号をどのように取り出すかは、お客様の結線方法次第となります。
別な言い方をすれば、この端子に(+)電流がくればバーナーは発光します。
任意にスイッチを設定したりすることも可能だということです。

通常ですと画像のような平端子へ加工していただいて、車体側カプラーの端子に押し込んでいただくことになります。
hid- 019
私の場合は、接続したあと、トラブル防止として、グルーガンを使いグルッと固めました。
(画像はH4ではなくH11なのですが、意味は通じますよね)
hid- 006
さぁこれで配線完了です!
ヘッドライトをONになるようにエンジン始動など行って、点灯テストをおこなってください。
もちろんハイビーム/ロービームの切り替えもです。
気をつけてください!!バーナー(発光部)を直接見ていると、目に非常に悪いです!!
しかし、この眩しさが嬉し恥ずかしのカスタム成果なんですね(*^_^*)
また、初期動作として、希に電圧が安定するまで点灯しない場合があります。
まず、配線に間違いがないか確認し、正しい配線の場合は5分ほど様子をみてください。
実はクレーム返品されたキットの90%がこの症状で、一度、点灯してしまうと そのあとは安定しているようです。
返品されたキットは、社用車などで使っていますが、とりあえずノントラブルです。

あと、先ほどから"汎用性"がどうのこうのといっておりますが、汎用性のご説明です。
これは付属の口金をどう使うかなのですが、次のような口金が付属しています。
hid- 021
画像右端に写っている3つが、標準で組み込まれているH4用口金とハイロー機能のシェードです。
組み上がっている状態は↓ですね。
hid- 020

H4の口金に似ているのがH4R1用で、上側の突起幅10mmを8ミリに削るとH4R用に変身します。
hid- 022

また、左端の小さなリング(突起が1個)はPH7(P15D25-1)、
hid- 026
真ん中のスプリング付の3個は、組み合わせてPH8(P15D25-3)にそれぞれ使える様です。
PH7とPH8は組み合わせするときにバーナー本体の樹脂リングを外します。
そして、2つのリングとスプリングを組み合わせて画像のように組み上げます。
hid- 023b
ただ、残念なことに、標準組み込みH4口金以外は、ハイロー機能を作動させるためのシェードが着きません(T_T)
もちろん、加工すれば大丈夫だと思いますが、ボルトオン的な発想では無いですね。
ネットで調べたところ、スクーターなどに多いPH7やPH8は、ハイロー機能が無いものが多く出回っており、妥協点なのかもしれません。
あと、口金を固定している小さなビスですが、特殊な三角ドライバーで捻るもののようです。
(マックのハッピーセット玩具にこれが使われていたような・・・)
ですが、精密ドライバーのマイナスで充分代用できますのでチャレンジしてみてください。

さて、気を取り直して(^o^)
点灯確認がOKになりましたら、あとは車体に取り付けて終了です(^_^)v
冒頭に記載しましたが、振動がダイレクトに伝わらないように工夫をお願いいたします。

さぁ、貴方もリーズナブルに"閃光"をゲットしてください。
ドピューーーン!
hid- 007b
【2010/07/05 13:17 】
新着情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
取付画像を送って、キャッシュバックをゲット!
Jバイクのカスタムパーツがどんどん増えている状況ですが、
やはり実車が少ないので、取り付け後のイカすスタイリングを表示できないのが最大の悩みです。
現在、マジェスティー(4D9)、マグザム、マジェスティー125、シグナスZを保有しています。
また、シグナスX(SE44J)、アドレスV125は購入予定となっています。
しかし、実物車両の購入は莫大な経費がかかるため、すべてを買い揃えるとどうしても価格に影響が・・・(T_T)
そこで、経費削減→格安価格の死守すべく、当社製品の取り付け後の画像をご提供いただいたお客様に、10%のキャッシュバックセールを行いたいと思います。
マイバイクの格好いいビューをネット上に公開出来て、なおかつお金が貰えちゃう!すてきな企画です。
このチャンスを逃すな!!

【応募方法】
対象商品は「☆取り付け画像でキャッシュバック☆」の表示されている商品です。
応募方法は、ご購入時に「取り付け画像でキャッシュバックに応募」と通信欄に記入してください。
当社からの返信に「画像でキャッシュバック受け付けました」と記載がありましたら、
応募資格ゲットの証です。
※数量限定ではありませんが、概ね、先着3名様程度とさせていただきます。
商品到着後、10日以内にデジカメ画像と振り込み口座情報をメールにて送信してください。
受信後、審査させていただき、ホームページ掲載可能と判断させていただけた場合、
ご購入金額の10%をお振り込みいたします。
【画像の品質について】
撮影機器はデジタルカメラにてお願いいたします。携帯電話での撮影は不可です。
画像サイズは1280×960で1メガ以上とします。
背景は出来るだけ広い場所で撮影してください。また、一般的に"汚い"と感じる場所は避けてください。
構図などは、芸術的でなくても良いのですが、ピントが合っていることは最低限のレベルです。
ご提出いただく画像は2枚。
取り付け商品が全部写るように、比較的クローズアップした画像と
取り付け商品を強調しつつ、車体全体を写した画像をお願いいたします。
また、電装部品の場合は、点灯時の画像もお願いいたします。

○撮影例 クローズアップ
IMG_4626.jpg
○撮影例 全体
IMG_4639.jpg
○撮影例 電装点灯状況
画像 004

そんなに難しくないですよね(^_^)
是非是非!ご応募よろしくです!!
【2010/05/20 18:52 】
新着情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
クリプトン8 ちょいカスタムにチャレンジ(vol-2)
さぁ いつまでも丸裸では走れませんから外装を再装着いたします。
気がつかれた方もいらっしゃると思いますが、一連の記事にて、本来のノーマルタイヤとチョイと太めじゃありませんかぁ?
そうです。どちらかというとビジネス向け糸タイヤでしたので、やっぱりちょい太めのタイヤに履き替えていました。
"序章"でご紹介したようなカスタムを見せられては、"東南アジア系のチープな感じ"って言うのから、やっぱり離れたいですよね(^o^)
ということで、あまり無理をせず、パターンもスポーツっぽいものを探してみました。
まずフロントが
IMG_3730.jpg
ブリジストンのEXEDRA G551の2.75-17
ノーマルの2.25から2サイズアップです。
次にリヤですが、同じ系列で、EXEDRA G552の3.00-17
こちらも2.5からの2サイズアップです。
IMG_3737.jpg
またまた気がつかれているとは思いますが、組み立てに際し、無粋なミニキャリアとマフラープロテクターを外し、
IMG_3739.jpg
ミラーをブラックのローフォルムのタイプに交換しました。
IMG_3731F.jpg
IMG_3731R.jpg
コレは、スタイル的なこともあるのですが、出張試乗にお応えするときにハイエースに乗せやすいように全体車高を落とす目的もあります。

ということで、そろそろ全体フォルムをお見せしま~す。
IMG_3728.jpg
どおすっか?自分的には格好いいと思うんですがねぇ~
IMG_3734.jpg
正面と真後ろは
IMG_3745.jpg
IMG_3747.jpg
サイドビューはというと
IMG_3738.jpg
IMG_3743.jpg
レーシーなリヤカウルをグッと下から
IMG_3748.jpg

如何でしたか?
コレなら乗っても良いかも・・・なんて気になっていただければハッピーです(^_^)v
極近い感じで、マフラー装着にチャレンジしますので乞うご期待です。
IMG_3746.jpg
【2010/01/14 11:00 】
新着情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
クリプトン8 ちょいカスタムにチャレンジ(vol-1)
前回、クリプトン8の生々しい裸体をご覧頂きました。
で、同じ横型エンジンですから、流用OKかもっ?ということで、ZHER200系マフラーを装着してみました。
まず、ショートマフラーにチャレンジ!
まず、根本的なエンジンとの取付部分ですが、スタッドボルト間隔はOK!
ですが、シリンダー側の凹みが深くて、ガスケットの2枚重ねか、加工した長ナットを用意する必要があります。
でも、装着の可能性は大!
IMG_3717.jpg
で、仮留めと受け台に乗せてみて全体の感じを見ると
IMG_3718.jpg
おっ!いけそう!! 
周辺部とのクリアランスも
IMG_3720.jpg
OK~!
と思ったのですが、スタンドを降ろすと最低地上高が13cmとちょっとデンジャラス!
"それだけあれば大丈夫!"という人もいるでしょうが、ワタクシ的にはNGと判断しました。

で、次にサイレンサーが後方にくるZHER203のマフラーでチャレンジ!
IMG_3721.jpg
あっ、コレなら・・・と思ったのですが、上から見ると
IMG_3722.jpg
つまり横に張り出しマフラーになってしまう状況です。

"ポン付け"は出来ませんでしたが、モンキー系のマフラー流用は、可能性大と見ました。
もちろんエキパイの曲げ修正などでOKということですよね(^o^)

好感触・・・程度で終わってしまいましたが、良い可能性を残し、組み立て作業に入りました。
で、ただ組み立てるのは芸が無いのでちょっとシャレこいて見ました。
組み立て後のお姿は、またまた、次回でお願いいたします。
【2010/01/12 18:00 】
新着情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
クリプトン8を解剖する!(本編)
さぁ~て、脱がしてみますかぁ~
ということで、クリプトンの外装を脱がしてみます。

直ぐに脱線するのですが、さすがYAMAHAという感じがしたのがコレ
IMG_3723.jpg
フェンダーのビスがなんと外側に向いて留まっているのです。もちろん作業ミスではありません。整備性を考慮した設計なんです。 流石!

で、一気に途中を省いて脱衣後のセクシーボディーはこちら
IMG_3685R.jpg
IMG_3685L.jpg
ネック部分は大きな補強が上下に施されています。
IMG_3706.jpg
IMG_3707.jpg
次にメインパイプ全体は
IMG_3698.jpg
フレーム全体のレイアウトは
IMG_3700.jpg
メインとシートレールの結合部は
IMG_3705.jpg
エンジン搭載状況は、本田さんとはちょっと違いますね。
IMG_3694.jpg

足回りの取り付け状況に目を移すと、まず、フロントフォークはスクーターのそれに似ています。
IMG_3686.jpg
ハンドルも同様な感じです。
IMG_3688.jpg
ついでにメーターの裏側を見せちゃいます。
IMG_3712.jpg
とくれば、ヘッドライトを明るくしたい人のために、バルブをお見せします。
IMG_3690.jpg
H4BSですね。
IMG_3691.jpg

お次はリヤです。リヤサスは2本サスですね。
IMG_3697.jpg
左右の取り付け状況です。
IMG_3703b.jpg
チェーンケースを外したスイングアームとドライブチェーンです。
IMG_3711.jpg

外装を外した各部の詳細は以上です。数値的には示しておりませんが、何かイメージが沸いてきた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

で、とっても気になったのが、エキパイのところから伸びているAIシステムらしき配管?!
キャブの負圧を利用し、フレッシュエアーを排気ポートに流入させ、再燃焼させる仕組みだと聞いたのですが、コイツはエキパイにくっついています。
IMG_3695.jpg
エキパイからの配管はゴムホースでダイヤフラムユニットらしき部品へ繋がっています。
その裏側を見るとインテークマニホールドに連結しています。
パイプはもう一本ありますが、コイツの接続先は負圧式燃料コックへ繋がっていますから、この件から除外。
IMG_3696.jpg
ダイヤフラムユニット(らしき)からはもう一本車体の後方に太めのゴムホースが伸びていて、円筒形の樹脂ケースへ接続されています。
IMG_3697.jpg
パーツリストによれば、この円筒形はエアークリーナーと表示されています。
ワタクシの拙い知識では、排気ポートで再燃焼は聞いたとおりなのですが、エキパイの途中へフレッシュエアーを入れるだけでは、再燃焼とはいかないので、排気を薄めている??だけになってしまうと思うんですが・・・?
このあたりについて、お詳しい方、システムの原理、キャンセルするべきかどうか?、キャンセルの処理方法など、ご教示いただけると嬉しいです。

このあと、モンキー系のマフラー装着にチャレンジしたのですが、この記事が長くなりすぎたので、次回にまわしま~すm(_ _)m
【2010/01/10 13:00 】
新着情報 | コメント(3) | トラックバック(0)
前ページ | BlogTop | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。