FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
HIDレポート(乗用車用シングル球D2Cタイプの巻)
今回は、乗用車用HIDキットのシングル球 D2C タイプの説明です。

基本的には他のシングル球と同じです。

で、キットな内容はこんな感じです。
hid- 076
このタイプだけ発光部と発光体プラグが別体です。
突起の位置を合わせて、差し込んでから時計回りに回して固定します。
hid- 079b

配線方法ですが、とっても簡単の一言!
いつものように専用防水コネクターでキット同士を繋ぎます。
右下の配線は車体側のライト配線へ接続します。
もちろん、赤は車体の(+)線に、黒は車体の(-)線にそれぞれ接続してください。
hid- 034d
で、いつものようにトラブル防止の為にグルーガンでの固定をお勧めいたします。
(画像はH11です。グルーガンはダイソーなどでお安くゲットできますぅ)
hid- 006

接続するとこんな感じにカーッと閃光を放ちます。
hid- 082
この画像、ストロボ焚いてるんですよ!
バッテリーもバギーの安いやつを使って、HIDのレポート全部をノン充電でやってますから、少々へたり気味・・・それでもこの明るさです。
※気をつけてください!!バーナー(発光部)を直接見ていると、目に非常に悪いです!!
簡単ですねぇ~ これだけで稲妻閃光ゲット完了です。

初期動作として、希に電圧が安定するまで点灯しない場合があります。
まず、配線に間違いがないか確認し、正しい配線の場合は5分ほど様子をみてください。
実はクレーム返品されたキットの90%がこの症状で、一度、点灯してしまうと そのあとは安定しているようです。
返品されたキットは、社用車などで使っていますが、とりあえずノントラブルです。

点灯確認がOKになりましたら、あとは車体に取り付けて終了です(^_^)v
取付の注意点としては、振動対策です。
HIDは熱対策が比較的神経質にならなくて良いのですが、バラストというメインコントロールユニットが振動にデリケートという面があります。
自動車、オートバイとも当然振動している訳ですから、バラストには過酷な取付環境という前提となります。
バラストの固定に際しては、出来るだけ振動をソフトに受け流す工夫を行ってください。

さぁ、貴方もリーズナブルに"閃光"をゲットしてください。

次回は社用車に取り付けてみた状況を、プチッとご報告いたしますぅ
スポンサーサイト
【2010/07/08 12:54 】
新着情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<8月の宮原店限定企画です!! | BlogTop | HIDレポート(乗用車用シングル球タイプの巻)>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://cjbeet.blog85.fc2.com/tb.php/84-3927191d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| BlogTop |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。