スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
HIDレポート(乗用車用H4 Hi/Lo切替付の巻)
今度は乗用車用HIDキットの説明です。
マニュアルを兼ねていますので、言い回しがバイク用と同じになるかもしれませんが、ご容赦をm(_ _)m
パッケージはこちら
hid- 045

取付に関してはHID特有の注意事項もあるのですが、ここでは配線方法を重点的にご説明します。
HIDは熱対策が比較的神経質にならなくて良いのですが、バラストというメインコントロールユニットが振動にデリケートという面があります。
自動車、オートバイとも当然振動している訳ですから、バラストには過酷な取付環境という前提となります。
バラストの固定に際しては、出来るだけ振動をソフトに受け流す工夫を行ってください。

さて、キットの中身はこんな感じです。
こちらは標準バラストのキットです。
hid- 049
そして超薄型バラストのキットです。
hid- 048
薄型はバラスト内に収納されていたイグナイターを配線上に持ってきており、必要スペースを分散させている様です。
その差は歴然
hid- 013

本題の配線ですが、非常に簡単です!
まず、キットの構成部品同士の接続ですが、専用コネクターになっていて、ペアになるコネクター同士を繋げていけば、間違うことは まず 無い筈!
これを間違えてしまうようでは、料金払って整備工場に依頼した方が良いかと・・・
コネクターは画像で確認できる様なペアになっていますので、それぞれ"カチッ"と抜け止めがロックされるまで押し込んでください。
まずはバラストとハーネス
hid- 034
次にハーネスとバーナー
hid- 037
バーナーのスライドコントロール線
hid- 052
これでキットの構成部品は繋がります。
もちろん乗用車ですから左右分作業が必要ですね。
車体ヘッドライトからの信号は、やはり専用カプラーになっていますので、間違いない配線が可能です。
バイク用とは違い、汎用性は要りませんからねぇ~
hid- 055
あとはバッテリーへ電源線を取り付けるだけ!
hid- 053
ハイ!とっても簡単ですね(^_^)v
ヘッドライトをONにして、点灯テストをおこなってください。
もちろんハイビーム/ロービームの切り替えもです。
気をつけてください!!バーナー(発光部)を直接見ていると、目に非常に悪いです!!
しかし、この眩しさが嬉し恥ずかしのカスタム成果なんですね(*^_^*)
また、初期動作として、希に電圧が安定するまで点灯しない場合があります。
まず、配線に間違いがないか確認し、正しい配線の場合は5分ほど様子をみてください。
実はクレーム返品されたキットの90%がこの症状で、一度、点灯してしまうと そのあとは安定しているようです。
返品されたキットは、社用車などで使っていますが、とりあえずノントラブルです。

さて、気を取り直して(^o^)
点灯確認がOKになりましたら、あとは車体に取り付けて終了です(^_^)v
冒頭に記載しましたが、振動がダイレクトに伝わらないように工夫をお願いいたします。

さぁ、貴方もリーズナブルに"閃光"をゲットしてください。
ドピューーーン!
スポンサーサイト
【2010/07/05 20:42 】
新着情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<HIDレポート(乗用車用シングル球タイプの巻) | BlogTop | HIDレポート(バイク用H4 シングルの巻)>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://cjbeet.blog85.fc2.com/tb.php/82-c00d600f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| BlogTop |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。