スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
エンジンの話(気がつかないうちに・・・)
ATVは通常、日本の公道で走行する場合はミニカー登録(原付4輪車)を行う必要があります。
車体寸法などの問題は省くとして、エンジン排気量が50cc以下であることが登録条件の重要な要件となっていることはご存じだと思います。
ところが2スト50ccの2輪車スクーターでも約60km/h程度の最高速ですので、倍の車輪数を持ち、重量も重い4ストATVは、基本的には45km/h程度の最高速となってしまいます。
そこで出てくるのが違法改造となるわけです(T_T)。
2輪車や3輪車の場合は、手続きさえ踏めば大きな排気量でもナンバー取得は可能ですが、一般的な4輪ATVの場合(つまり特殊な用途構造の車両を除いて)は、現実的に登録することが出来ない現状です。
ワタクシどもの会社でも、日に1~2件は「お宅の店は110cc商品でも、50ccの販売証明出してくれるの?」との問い合わせがあります。
もちろん丁重にお断りするわけですが、「他はみんなやってくれるよぉ。そんなんじゃATVなんて売れないよ!」と悪態をつかれてハイ、ガチャッ!
うーん・・・そういうお店が多いんだなぁ・・・

話は変わりますが、5月の連休明けにまたしても中国入りしました。
新しい車種の写真取りや弊社オリジナル開発車両の途中チェックが主な目的だったのですが、そこで現地の取引先から驚愕の話しを聞かされました。
弊社の車両は製造メーカー毎に、L社・Z社・そしてもう一つのL社という大手3メーカーのエンジンを使用しています。
この3社は大型オートバイや乗用車なども製造している自動車メーカーなのですが、そのうちのL社とのやりとりにびっくりしたのです。
「本物の50ccエンジンをオーダーするのはCJ-BEETさんだけなので、必ず先払いで取引してくださいってL社の担当が厳しいこと言うんですよ。もちろん製造したら即出荷が原則で、預かりは一切しないって言うんですよ」
「本物の50ccはCJ-BEETだけ??」
「そう、前にも言ったと思いますが、中国製造の横型エンジンには、48ccと刻印があっても、中身は70ccのものが多くて、本当に48ccになっているのは特注生産なんですよ。世界的に見ても50ccエンジンの需要のほとんどは日本だけですから、L社に本物の48ccエンジンを製造させているのは、世界的に見てもCJ-BEETだけってことになるんじゃないですか」
え"ーっ?!ウチだけーっ?!
もちろんZ社やもう一つのL社もありますし、中小のエンジンメーカーもありますので、全ての中国製エンジンの話しに置き換えることは出来ませんが、非常に危険な話しだと思いました。
もしかするとお客さんご自身が気がつかないうちに違法なATVで走行していることになっていないかという可能性も捨てられませんよねぇ~
大丈夫なんでしょうか??
この話はブログで書いてしまうと本当に物議を醸すことになりそうで怖かったんですが、ひとつの雑談として読んでみてください。
そして機会があったら排気量をチェックしてみてください。あくまで念のため・・・
私どもCJ-BEETのエンジンは、輸入元のトラブル経験(3年ほど前にあった間違い出荷)を反省材料として、間違いなく排気量不正の無いエンジン製造を要求しております。
また、機会を設けて排気量チェックを行っています。
ですので、CJ-BEETのATVは遅いかもしれませんが、あくまで合法エンジンを貫きますし、パワーアップマフラーや前進4速エンジンのお勧めなど、合法エンジンでも楽しんでいただける手段を常に模索しております。
ご理解いただけますことを平にお願い申し上げます。


で、今回は文字だけで面白味のない内容になってしまいました。
申し訳ないのでおまけ付きです。
今回の中国出張で見つけたおもしろいネタなんですが、始めて訪問したオートバイメーカーで、横型エンジンも組み立てていたんです。
もちろんウチで仕入れる予定もありませんが、こちらもびっくり映像となっていますのでご覧ください。
エンジンが2基同時に組み立てラインで製造されるのすが、約12~3分で組み上がります。
製造ラインというものは、こういうものなのでしょうが、ワタクシがやると分解組み付けで1日掛かりです。
日本製のエンジンも同様なのかどうかは解りませんが、この映像を見て皆さんはどのような感想を持たれるでしょうか?

日本製も製造ラインはこんなもんよ??
違うよ!こんなんじゃエンジン直ぐ壊れるんじゃないの??
いずれにしても勉強させていただきましたm(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

【2008/05/26 11:32 】
過去ログ | コメント(10) | トラックバック(0)
<<CJ-BEET MX の挑戦 逆輸入車取扱開始! | BlogTop | TXM150G(スポーツスクーター)連続インプレVol.2>>

コメント

オイルを使わず叩いてはめてエアと手ルクで締め上げる・・・。
粗大ゴミの大量生産かい・・・。
こんなんだから金属原料が高騰するんですよね。
まさに使い捨てエンジン(^^;)
【2008/05/28 10:26】
| URL | 亀さん #-[ 編集] |
早組み選手権・・・。
せめてハンマーは木かゴムにして欲しいです。

最後の水にじゃぶーんは何のためにやってるんですか?
【2008/05/30 22:35】
| URL | jose #egyksOjo[ 編集] |
亀さん joseさんコメントどうもです。
厳しいご意見ですねぇ~
実際、この工場の生産手順が本当に問題なのか、他の工場も調べてみたいと思います。
本田さんの工場を見学できると一番良いのですが・・・
あと、ジャブ~ンはよく見るとブリーザーパイプにオレンジのホースを繋いでいるのが見えると思います。
低い圧力で内圧を掛けて漏れがないかどうか確認しているそうです。
今後ともなかなか見れない場面に遭遇したら、カメラを回そうと思っていますのでご期待ください。
【2008/06/04 19:27】
| URL | cj-oyj #-[ 編集] |
これではだめです。 クランクケースがあんなにポコっとはめれるようではクランクシャフトのベアリングがすぐに友舞いしてしまいます。 日本製では絶対クランクケース引き抜きに油圧プレスを使っています。また、クランクベアリング自体にグリスアップされていないのが気になります。
また、エンジン組み立てに二種類のネジしか(?)使っていないのはエンジンの設計自体が間違っています。 
また、ヘッドを入れるときに横着してますね。これでは燃焼が上手くできる筈がありません。
【2008/08/31 20:41】
| URL | nanya #1jhbtX.k[ 編集] |
nanyaさん、コメントありがとうございます。
ご指摘の件、今度機会がありましたら工場に伝えます。(聞いてくれるかどうか?)
ただ、弊社の使用しているエンジンではないのでご安心ください。(会社規模も全然違います。)
【2008/09/01 12:29】
| URL | cj-oyj #-[ 編集] |
安心致しました。  これではいい仕事は出来ません・・・。 同じ製造業に携わる者として戯言を言わせて貰いました。

【2008/09/01 22:23】
| URL | nanya #XFDgHaK2[ 編集] |
>同じ製造業に携わる者として・・・
もしかして日本でエンジンなどの制作に関わられているのですか?
そうであれば、今後ともよろしくお願いします。
【2008/09/02 09:20】
| URL | cj-oyj #-[ 編集] |
違法登録の原因はやはり公道を走れる車両なのに交通の流れに乗れないということが主なようです。世界的にみても原付は100ccが主流のようですが中国企業から見たら日本も魅力ある市場だと思いますので、何とか少し前の表示で5psぐらいエンジンを開発してもらいたいと思っています。
【2008/09/16 02:30】
| URL | 宮城のS #-[ 編集] |
宮城のSさん、ありがとうございます。
パワーを出しにくい条件(排ガスや騒音)をどんどん増やされて、なおかつ世界的に見ても厳しい排気量制限・・・
どうにかして欲しいものです。
あとは出来るだけ走行抵抗を減らすしかありません。
でも中国もいろいろアイディアだしてくれますので、そのうちいいものが出来ることを期待しております。
【2008/09/16 18:16】
| URL | cj-oyj #-[ 編集] |
精密部品組むのに軍手着用してる。
トルクも適当。
コンロッドベアリングにもオイル塗らないで組む。

すんげーよ、中国。

屋台で作られる飯みたいに雑
【2008/09/20 02:24】
| URL | naga #JalddpaA[ 編集] |

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://cjbeet.blog85.fc2.com/tb.php/49-1e3f8a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| BlogTop |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。