FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
2009年へGO!
2008オータムキャンペーンは好評の内に無事終了いたしました。本当にありがとうございました。
「で、全部売り尽くしちゃって、このあとどうすんのよ?」って事になりますよね(^_^;)
もちろん2009年モデルの登場です!!

まずはCJ-BEETの旗艦モデル QUAD-BOXERがマイナーチェンジです。
s-img_2313.jpg
s-img_2331.jpg
たくさんのユーザーボイスにお応えし、デフギアを標準搭載しました。
更に、全てのサスペンションをサブタンク付に変更し、RSマフラー、Rキャリアもすべて標準装備です。

また、HG(ハイグレード)バージョンとしてニューデザインの12インチアルミホイールに扁平タイヤを履かせ、更に4輪油圧ディスクブレーキ仕様とした最高級モデルをご用意しました。
s-img_2491.jpg
s-img_2521.jpg
もちろんアルミのデザインは最新型を履かせました。
このモデルに相応しくなるよう、高級感のあるデザインをチョイスです。
またHG特別電装としてNGKプラグ、ハイグレードIGコイル、ハイグレードCDIをセット!
細かなところへのこだわりも忘れません。

そして今回登場のニューフェイス QUAD-MARSをご覧ください。
s-img_2443.jpg
中国の場合、各ボディーに"恐竜"だの"キングコング"だの、必ず名前がついているわけなんですが、このモデルは「大火星」という名称がついています。
火星は英語でマーズ・・・と言うことでのネーミングです。(そのまんまじゃん(^_^;))
でもいかにも戦闘的はスタイルが良いじゃないですか!
仕様はほぼBOXERと同様で、やはり上級仕様として"/HG"をご用意いたしました。
s-img_2572.jpg
s-img_2658.jpg
/HGの特別仕様内容もボクサーとほぼ同じです。
詳細はそれぞれの専用ページへGO!
GO→QUAD-BOXER
GO→QUAD-MARS

そして今話題沸騰のトライクを2機種、ZHERブランドよりご紹介させていただきます。
まずはZHER310キングコング!中華名は「金剛」でやはりキングコングのことです。
s-cj11gweb2.jpg
スクータートライクとしては異質のデザインですが、その分整備性は良好です。
なんと言ってもバック付は魅力ですよね。
詳細は専用ページへGO→ZHER310KINGKONG

次のトライクはかなり力が入ります。
ZHER311欧宝路3(ユーポロ3)です。
s-img_2069.jpg
む、どっかで聞いたような・・・と気づかれた方はスクーターレース通ですね(^o^)
モトチャンプ誌でも、約1年間追い続けた中国製スクーターがこの311のベースとなっています。
s-d57fb7fb.jpg
このマシンを製造した金城集団は、中国SUZUKIの合弁会社として125ccKATANAなど、たくさんの中国向けSUZUKI車を製造しており、現在はアプリリアのOEM製造を手がける、中国屈指のオートバイメーカーです。
その金城が世界に通用するビッグスクーターを創るため、巨額の投資を行い、イタリア人によるボディデザイン、ロボット溶接機によるフレーム製造、レースへの参戦などを行い、一片の妥協も許さないマシンとしてこのマシンを造り上げました。
そのユーポロがトライクマシンとしてZHERブランドよりリリースです!
もちろんCJ-BEETは、市場価格の約半分という価格破壊に挑戦します。
詳細は専用ページへGO→ZHER311ユーポロ3

あと、目玉商品としてこちらを"価格破壊"させていただきます。
ミニモト用ハイグレードサスペンションシステムのFASTACEをなんと50本限り超特価で!
ミニモト人気も落ち着いて来ちゃったのでしょうか?
メーカーから「少しまとめて買ってもらえれば、安く卸します」と連絡があり、即買い!!
お客様へ還元できるチャンスは逃しません。
で、いくらかと言えば、こちらを↓1万円引きの15,800円!
s-r-fastace-04.jpg
そしてこちらは↓なんと3万円引きの29,800円!
sf-fastace-18a.jpg

(ご注意:CJ-110Dなどのツインチューブフレーム用は、残り1セットのみですm(_ _)m)
また、2008オータムキャンペーン車両の内、ミニモトだけは価格を特価のまま、継続販売いたします。
ミニモトを始めたい方やマシンのグレードアップを図りたい方、グッドチャンスです!!
FASTACE フロントフォーク→
FASTACE リヤサスペンション→
ミニモトマシン→

また、お客様には大変ご不便となりますが、弊社の定休日が土日祝日となり、週末の営業をしばらくお休みいただきます。
来春に向けての商品開発で中国に出張する回数が増えることや、比較的展示イベントが多くなってきますので、少ない人数での会社運営に難しさが出てきます。
中途半端に営業することによるトラブルを避けるため、、また、通販業務のウエイトがどうしても多くなっており、平日営業を優先させていただくことになりました。
なにとぞ、ご理解いただけますようお願い申し上げます。
スポンサーサイト
【2008/11/01 14:49 】
過去ログ | コメント(2) | トラックバック(0)
| BlogTop |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。