スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
駆け抜けていく鷹 CBF150 FIGHT HAWK
以前の記事で最近の2輪業界の低迷について話題にしました。
また、「バイクブーム」が完全に過去のこととして語られている、こんな書き込みを見つけました。
教えてgoo
で、そのバイクブームのまっただ中、ワタクシは都内のオートバイ量販店の販売員として働いていましたが、お客さんの顔ぶれは"乗用車に乗れない高校生"の他にも、いろいろな年齢層の方が、「私の趣味はコレ」というように、楽しむためのアイテムとしてたくさんの方にご購入いただいていた記憶があります。
現在、概ね50万円を越える中型以上のバイクは、楽しむアイテムの対象としては高価過ぎるんじゃないかという考えは変わりありません。
また、オートバイの販売員より以前、初めて就いた仕事がTV報道クルーだったんですが、そのときあこがれていたのが"プレスバイク"の人たちです。
僕らが取ったニュースソース(ビデオテープ)を受け取るやいなや、ウォーンッという排気音と共にかっ飛んで行く後ろ姿は、他社の報道クルーに揉みくちゃにされる自分と対照的で、あこがれの職業でした。
実はコレの真似事がしたくてCB400Fの中古を買い込み、自分の編集テープを夜中に局に届けていた次期がありました。
そんな時代にプレスの人がよく使っていたバイクがコレ!
CB250RS.gif

車の間を高速ですり抜ける彼らにとって、細身のバイクは優れた道具となっていたのだと思います。
暴走族の代名詞となった絞りハンドルも、実はプレスのライダーが考えたものだったと聞いています。
このバイクを買ったのは、もちろんプレスの人だけじゃなかった思います。
いや、それ以外のバイクフリークに"凄く売れたバイク"だったと記憶しています。
知らない人、思いだしたい人はこちらです。FACT BOOK
「虚飾を捨て、あくまでも、「SIMPLE IS THE BEST」のポリシーを貫き、ロードスポーツの原点バイクを完成させました。走る、曲がる、止まる…誰もがモーターサイクルを満喫できる車の真の姿が、ここにあります。」というキャッチコピーでしたが、覚えてます?町中をこのバイクが結構走っていたことを・・・

実はこれからご紹介するバイクを初めて見たとき、このCB250RSを思いだしたんです!
その紹介したいバイクが今回CJ-BEETで販売を開始した
CBF150 FIGHT HAWKです。
IMG_3281.jpg

思いだしたバイクが細身のRSだったんで、細っこいデザインかと思えば、実際にはカウルがあることも手伝って、シングルエンジンの割にボリューム感があるボディーとなっています。
中国YAMAHAもYBR250には力を入れていますが、中国HONDAだってCBF150は主力のスポーツバイクに設定しています。
こんな動画を見つけました。

どうです?戦う鷹・FIGHT HAWKと名付けられたマシンに乗ってみたくなりませんか?
各部の写真を現地にて撮影してきましたのでご覧頂きたいと思います。
OHCシングル149ccのエンジンはこちら
IMG_3284.jpg
IMG_3295.jpg

ボリューム感あるリヤビュー
IMG_3285.jpg

コンビネーションテールもカッコイイですねぇ
IMG_3290.jpg

真正面のフロントビューとリヤビューですが、適度なボリューム感で"走り屋"のイメージじゃないでしょうか
IMG_3291.jpg
IMG_3287.jpg

計器類もしっかりとした作りです。
IMG_3273.jpg

タンクキャップも正しくHONDAのそれですよね(^o^)
IMG_3276.jpg

如何ですか?正真正銘のHONDAです(^^)/
これだけのバイクが車両本体価格248,000円(税込み、送料/納車整備料別、1年保証)でのご提供です。
もう少し詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
中国HONDA CBF150車体関係
中国HONDA CBF150エンジン関係
この戦う鷹が昔の250RSの様に市街地や峠で華麗な弧を描いて駆け抜けていく姿が増えてくれる様な、バイクブームがまた訪れてくれることを願ってやみません。
私どもCJ-BEETは、リーズナブルなモータースポーツをご提供することしか出来ませんが、努力し続けたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

【2008/05/30 12:37 】
過去ログ | コメント(2) | トラックバック(0)
CJ-BEET MX の挑戦 逆輸入車取扱開始!
日本のオートバイメーカー3社(HONDA,YAMAHA,SUZUKI)は中国に現地工場を置き、中国市場向けに沢山のオートバイを生産しております。
その多くはビジネスユースですが、中には"オッ!これイイかも"というスポーツモデルが存在します。
実はこれらのバイクはヨーロッパで成功を収めているものが多いのですが、なぜか日本国内のラインアップからは外されています。
もちろん日本メーカーの威信をかけ、最高の生産技術でその品質を確保しています。
部品だって日本メーカーから購入可能です。
CJ-BEETがこれをやらないわけにはいきませんよね(^_^)v
CJ-BEETはこれらのモデル1台1台に製造メーカーの生産証明書をお付けして販売いたします。
そうです!レプリカではなく"本物"なんです!!
しかも価格はあくまでリーズナブル!是非ご検討ください!!
(※排気量125ccを超えるモデルは、ナンバー登録に必要な"通関証明"を発行するため、この生産証明を税関に提出しなければなりません。したがって、125cc超のモデルは、税関提出前にカラーコピーを取り、こちらを添付させていただきます。)

今回、輸入するのは次の3機種となります。
まず、皆さんご存じの中国生産でヤマハのハイグレードスクーター
シグナスZ125
pic_004zoom.jpg

ちょーカッコイイですねぇ~
CJ-BEETはこのブラックをメインカラーに設定しました。
カラバリは以下のようになります。
pic_003zoom.jpg
なんと言ってもYAMAHAはブルーですよね
pic_002zoom.jpg
レーシーなイメージのレッド
pic_006zoom.jpg
スクーターは白!定番のホワイトです
pic_005zoom.jpg
気品あるシャンパンゴールド
このミドルサイズスクーターを車両本体価格228,000円(税込み、送料/納車整備料別、1年保証)でのご提供です。

次は本格アメリカンバイク YAMAHA YBR125SPです。
pic_002sp.jpg

癖のない飽きの来ないスタンダードアメリカンスタイルのボディーは全長2055mmのフルサイズボディーです。
もしかすると"何の変哲もない"と思われるかもしれませんが、格好良さを求めるために窮屈なライディングフォームを強いられる様な最近のオートバイに無い、気楽に、気持ちよく風を感じられる週末を提供してくれる1台ではないでしょうか?
CJ-BEETは、本格サイドボックスを標準装備する、このモデルの最上級モデルをチョイスしました。
カラーバリエーションはブラックと高級感あふれるホワイト!
pic_001sp.jpg
この本格アメリカンを車両本体価格248,000円(税込み、送料/納車整備料別、1年保証)でのご提供です。
勁悍のニックネームは"強く荒々しい"という意味です。
日常を忘れて、強く荒々しく風を切って見ませんか!
この2機種のメーカーサイトはこちらです。

また、今回は見送りましたが中国YAMAHAにはヨーロッパで絶大な人気のあるYBR250鉄剣王があります。
pic_0023zoom.jpg

このモデルは専用サイトを用意するほど中国YAMAHAも力を入れているモデルですね(^o^)
よろしければこちらをご覧ください。

そして最後に中国新太洲HONDAより
CBF150 FIGHT HAWK
を輸入いたしました。
IMG_3281.jpg

次回、このCBFをじっくりレポートいたしますので乞うご期待ください。

※ご紹介している機種以外でも輸入出来るモデルがありますのでご相談ください。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

【2008/05/29 18:17 】
過去ログ | コメント(0) | トラックバック(0)
エンジンの話(気がつかないうちに・・・)
ATVは通常、日本の公道で走行する場合はミニカー登録(原付4輪車)を行う必要があります。
車体寸法などの問題は省くとして、エンジン排気量が50cc以下であることが登録条件の重要な要件となっていることはご存じだと思います。
ところが2スト50ccの2輪車スクーターでも約60km/h程度の最高速ですので、倍の車輪数を持ち、重量も重い4ストATVは、基本的には45km/h程度の最高速となってしまいます。
そこで出てくるのが違法改造となるわけです(T_T)。
2輪車や3輪車の場合は、手続きさえ踏めば大きな排気量でもナンバー取得は可能ですが、一般的な4輪ATVの場合(つまり特殊な用途構造の車両を除いて)は、現実的に登録することが出来ない現状です。
ワタクシどもの会社でも、日に1~2件は「お宅の店は110cc商品でも、50ccの販売証明出してくれるの?」との問い合わせがあります。
もちろん丁重にお断りするわけですが、「他はみんなやってくれるよぉ。そんなんじゃATVなんて売れないよ!」と悪態をつかれてハイ、ガチャッ!
うーん・・・そういうお店が多いんだなぁ・・・

話は変わりますが、5月の連休明けにまたしても中国入りしました。
新しい車種の写真取りや弊社オリジナル開発車両の途中チェックが主な目的だったのですが、そこで現地の取引先から驚愕の話しを聞かされました。
弊社の車両は製造メーカー毎に、L社・Z社・そしてもう一つのL社という大手3メーカーのエンジンを使用しています。
この3社は大型オートバイや乗用車なども製造している自動車メーカーなのですが、そのうちのL社とのやりとりにびっくりしたのです。
「本物の50ccエンジンをオーダーするのはCJ-BEETさんだけなので、必ず先払いで取引してくださいってL社の担当が厳しいこと言うんですよ。もちろん製造したら即出荷が原則で、預かりは一切しないって言うんですよ」
「本物の50ccはCJ-BEETだけ??」
「そう、前にも言ったと思いますが、中国製造の横型エンジンには、48ccと刻印があっても、中身は70ccのものが多くて、本当に48ccになっているのは特注生産なんですよ。世界的に見ても50ccエンジンの需要のほとんどは日本だけですから、L社に本物の48ccエンジンを製造させているのは、世界的に見てもCJ-BEETだけってことになるんじゃないですか」
え"ーっ?!ウチだけーっ?!
もちろんZ社やもう一つのL社もありますし、中小のエンジンメーカーもありますので、全ての中国製エンジンの話しに置き換えることは出来ませんが、非常に危険な話しだと思いました。
もしかするとお客さんご自身が気がつかないうちに違法なATVで走行していることになっていないかという可能性も捨てられませんよねぇ~
大丈夫なんでしょうか??
この話はブログで書いてしまうと本当に物議を醸すことになりそうで怖かったんですが、ひとつの雑談として読んでみてください。
そして機会があったら排気量をチェックしてみてください。あくまで念のため・・・
私どもCJ-BEETのエンジンは、輸入元のトラブル経験(3年ほど前にあった間違い出荷)を反省材料として、間違いなく排気量不正の無いエンジン製造を要求しております。
また、機会を設けて排気量チェックを行っています。
ですので、CJ-BEETのATVは遅いかもしれませんが、あくまで合法エンジンを貫きますし、パワーアップマフラーや前進4速エンジンのお勧めなど、合法エンジンでも楽しんでいただける手段を常に模索しております。
ご理解いただけますことを平にお願い申し上げます。


で、今回は文字だけで面白味のない内容になってしまいました。
申し訳ないのでおまけ付きです。
今回の中国出張で見つけたおもしろいネタなんですが、始めて訪問したオートバイメーカーで、横型エンジンも組み立てていたんです。
もちろんウチで仕入れる予定もありませんが、こちらもびっくり映像となっていますのでご覧ください。
エンジンが2基同時に組み立てラインで製造されるのすが、約12~3分で組み上がります。
製造ラインというものは、こういうものなのでしょうが、ワタクシがやると分解組み付けで1日掛かりです。
日本製のエンジンも同様なのかどうかは解りませんが、この映像を見て皆さんはどのような感想を持たれるでしょうか?

日本製も製造ラインはこんなもんよ??
違うよ!こんなんじゃエンジン直ぐ壊れるんじゃないの??
いずれにしても勉強させていただきましたm(_ _)m

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

【2008/05/26 11:32 】
過去ログ | コメント(10) | トラックバック(0)
| BlogTop |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。