スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
出張報告(2007-03)vol3
出張報告第3弾は、なんとフレーム工場見学です(^_^)v
フレーム工場にもいろいろなランクがあるのはどこでも同じなのですが、今回は比較的融通の利く小さめの工場を見学してきました。
なにせCJ-BEETは"細かな注文が多い"と中国でも敬遠されがちな日本企業でして(^_^;)、CⅡの補強入りフレームなどは大きな工場では注文に応じてくれません。
ほとんどの工場がいう決めゼリフは「アメリカのクライアントには、お宅の10倍以上出荷しているが、未だかつてノークレームだぜ」って言います。
"欧米かっ!ペシッ!"といきたいところですが、どうも本当のことのようです。
ちなみにアドベンチャーを作ってくれている工場は、工場の一番隅っこに"CJライン"というものがあって、週に一度だけCJ-BEETの製品を作るときだけ稼働させるとのことです。
「CJさんは細かな注文が多すぎて、普通のラインじゃ組めないんだよ」って言うことだそうです。
ちなみに次の写真(スパイダーカスタムの試作品)の左奥に写っているのが"CJ-BEETライン"です。
20070402222425.jpg

さてフレーム工場ですが、まず工場の入り口を入るとなにやらおじさん達が材料を切っています。
IMG_1062.jpg

ATVの主材料となるパイプ材もおいてありました。
IMG_1081.jpg

奥へ進むと・・・おっ!やってます!!
どうやらATVのフレームを溶接しているようです。
IMG_1066.jpg

行程的に写すと、まず治具にピボット部などをセットし
IMG_1087.jpg

溶接します。
IMG_1086.jpg

出来具合をチェックしたら
IMG_1068.jpg

バリ取りなどを行ない
IMG_1076.jpg

塗装の下地処理の窯へGO!
IMG_1070.jpg

塗装した製品がこちらです。
IMG_1074.jpg

試作中の新しいフレームも見せて貰いましたが、外装が乗っからないとどう試作なのか判りませんね(^_^;)
IMG_1092.jpg

まぁこんな感じの工場もありますが、もっと近代的な工場もあります。
QUADスポーツなんかの高荷重がかかるATVは後者の工場に製作して貰っています(^o^)

さて、いつものように製品情報ですが、今年は超高品質商品をラインナップに加えます。
雑誌広告などでもご紹介しておりました「CJ125evo」ですが、全面的に仕様変更を行ない、高品質商品としてデビューします。
しかもこれまでにないカテゴリーの仲間を連れて4月下旬にお目見えします。
今まで「中国製品って・・・」と言っていた方の度肝を抜く品質です!
ブランド名も「ZHER」という新ブランドを作り、CJ125evoという名前も使いません。
全て新しいモデルネームで登場します。
また、これらの商品は、是非見て頂いて、納得した上で購入して頂き、そして満足して頂きたい商品です。
ですから近日中にお客様をお迎えするスペースも設置する予定です。
それくらい自身のある商品です。
このニューマシンは現在製造中で、全てをお見せ出来ませんが、ヨーロッパ向けの類似機種の同じ部分を"チラッと"お見せします。
まずはこちら
1secret.jpg

そしてハイグレードなこちら
1-2secret.jpg

なにやらスクーターイメージですが・・・
2secret.jpg

そして話題の新カテゴリービークル
3secret.jpg

さらに
4secret.jpg

如何でしょう?
商品の画像が到着次第、その全貌をアップしますので、乞うご期待くださいませませ(^_^)v
スポンサーサイト
【2007/03/29 23:25 】
過去ログ | コメント(0) | トラックバック(0)
出張報告(2007-03)vol2
ネタがあるときは、更新間隔も短めですねぇ~(^_^;)
と、言うことで出張報告第2弾!
今回は塗装工場の見学をご報告いたします。
早速、塗装の仕上げ行程の状況です。
手際よく、だいたいひとつの外装に20秒ほどの所要時間で綺麗に仕上がっていく訳ですが、
IMG_1044.jpg

.IMG_1045.jpg

よく見てください。作業されている職工さんがマスクひとつしていません。
げぇ~身体に悪いじゃん!
そうなんです。彼らも身体に悪いと判っているらしいのですが、なぜか高賃金(と言ってもほかと比較してですが(^_^;))職種と言うことでやっているらしいのです。
マスクくらい・・・なのですが、なぜかしていない工場が多いそうです。
日本も過去に生産優先主義の結果、皆さんよくご存じの社会問題になったわけで、何ともやり切れない思いになりました。
そのような犠牲??の結果、仕上がった外装達です。
せめて大切に使ってあげて欲しいですm(_ _)m
IMG_1043.jpg


気を取り直して、職人技をご披露します。
カーボンプリントの製作状況です。
まず、水槽の水面にカーボンプリントのシートを浮かべます。
IMG_1048.jpg

浮かべたシートに接着剤を噴霧し、急いで塗装する母体をシートに突っ込みます。
IMG_1050.jpg

そうするとこのように転写されます。
IMG_1053.jpg

えっ?文章が下手で判らない!
ソンじゃ動画で

結構、簡単そうにやっていますが、素人がやるとカーボン模様がビローンとなって別な模様になってしまうそうです。
そのあと洗浄する装置を通らせ、乾燥させるとできあがりだそうです。
IMG_1059.jpg

IMG_1061.jpg

聞いてはいましたが、へぇ~って感じでした。

さて、今日ご紹介するのはアドベンチャーのロンスイバージョンです。
CJ-BEETでダントツの人気ATVと言えばこのアドベンチャーですね。
また、お客様からの問い合わせでなんと言っても多いのが、"7インチモデルってロングスイングアーム化できないんですか?"と"8インチホイールつきますか?"の2点です。
前回のスパイダー改(コブラ)のようにワイドトレッドになってしまうと、物々しくてねぇ・・・駐車スペース取るしぃ・・・
まぁ、カスタムのはじめの一歩と言うことでこのアドベンチャーをご覧頂きたいと思います。
IMG_1141.jpg

ジャーン! あっ前からじゃあまり判りませんよね。
とりあえず、各方向から
IMG_1148.jpg

IMG_1149.jpg

どうです?違和感なく品良く車体が伸びているでしょ(^_^)v
正面と真後ろからはこんな状況です。
IMG_1144.jpg

IMG_1152.jpg

スイングアームの取付け状況もこんな感じで綺麗に装着出来ています。
本当のことを言いますと、ミニカー制限の50ccエンジンには、この8インチタイヤは少々負担が大きすぎるので、スイングアーム延長だけに留める、つまりタイヤは7インチのままがお勧めなんですが・・・
近々、ロンスイ7インチを試作しまして、ご覧いただけるようにしたいと思います。

最後にチョイ俯瞰気味の画像で締めたいと思います。
IMG_1161.jpg

【2007/03/24 11:11 】
過去ログ | コメント(3) | トラックバック(0)
出張報告(2007-03)vol1
またしても中国へ行ってきました(^_^)v
今回は新商品や仕様変更、技術指導など盛りだくさんで、いつもより長めのスケジュールでした。
中国事情などをご紹介しながら、何回かに分けてのご報告となります。
まず、今回は上海より入国しました。
久しぶりの上海でしたが、ホテルの窓からの景色もやはり大都会であることを確認できますね。
IMG_0956.jpg

物価の方もうなぎ登りで、空港ではありましたがコーヒーのお値段がこんな状況です。(だいたい1元15円です(^^;))
IMG_1024.jpg

ちょっとびっくりの値段ですよね。
で他にもビックリがすぐ近くにありました。
IMG_1025.jpg

何を表現したいのかは、寛容な方しか判らないかもしれませんね(^^;)

で、本題の方なんですが、少し前にご紹介した"クアドコブラ"(http://cjbeet.blog85.fc2.com/blog-entry-17.html)なる試作品が、中国の方でも形になっていました。
IMG_1027.jpg

IMG_1028.jpg

IMG_1029.jpg

で、メーカーが作ると結構細かい芸が付いてきます。
IMG_1031.jpg

そしてなんと言っても一押しのカスタムがこれ!
前輪のディスクブレーキ化ですv(^o^)v
IMG_1033.jpg

当然!やってみてぇ~ 部品売れ~!という方がいらっしゃると思いますので、ちょっとご説明を・・・
まずウチのATVはアドベンチャーやユーロなどの7インチモデルとクアド-1などの8インチモデルがあります。
ベース車両は基本的にこの二つに分かれますが、中間的な車両でクアドS7があります。
ロングスイングアーム化を図る場合は、それぞれフレーム構造が大きく違いますので、それぞれに適合するスイングアームが必要です。
特に7インチフレームはS7のスイングアームを流用する方法しかありませんので、約10程度の延長しかできません。
が、10cmでも結構イメージ変わりますンです(*^_^*)
8インチフレーム用のスイングアームはネットなどでも比較的入手しやすいですね。
ウチのユーザーさんは圧倒的に7インチユーザーさんが多いので、今回S7パーツを利用したロンスイキットをリリースいたします。
(もうちょっと時間くださいm(_ _)m4月くらいかなぁ)
そしてフロントブレーキですが、車軸が付いている"ナックル"という部品がキモとなります。
今回開発された8インチ用ディスクブレーキナックルを使いますので、どうしても8インチモデルか、S7のAアームを使ってこのナックルを使えるようにしなければなりません。
当然ホイールは8インチ化が必要となります。
つまり7インチモデルをディスク化するには8インチ化が必須となります。
現状ではS7の足回りを移植することになり、ワイドトレッドとなってしまいます。
後日ご報告しますが、ディスクブレーキが必要ない方(8インチ化するだけ)はこの限りではありませんが・・・
今回試作したスパイダー改がコンプリートとして出てくるかどうかは未定ですが、次のカスタムキットは4月くらいに発売する予定です。
○7インチモデル用ロングスイングアームキット(約10cm)
○7インチモデル用ディスクブレーキキット(ワイドトレッド)
○8インチモデル用ディスクブレーキキット
○8インチモデル用ロングスイングアームキット(約20cm)
第1回目の出張リポートはこの辺で。次回をお楽しみに(*^_^*)
【2007/03/22 18:27 】
過去ログ | コメント(2) | トラックバック(0)
シーズン直前!激安在庫処分セール!!
いや~ぁ 暖かいですねぇ~
こう暖かいと屋根の付いていない乗り物にむしょうに乗りたくなるのはワタクシだけではないですよねぇ~
「仕事なんかやめて、ツーリングいきてぇ~」と叫んでしまった方が、かなり居たんではないでしょうか!
と言うことで、我が社も倉庫の奥に春風を吹かせたい!作戦として
"ホームページ限定在庫一掃セール"
を行ないますデス!!

まず!ホームパージリニューアルセールで残念ながら残ってしまった
クアドブル!
コイツをなんと
-30,000円の69,800円だ!!
もちろん納車整備、保証付きなのだ!
1quad-bull-11.jpg



そして次はコイツ!
クアドだ!!
こちらは値段はそのままだが、なんとおまけとして、
アルミホイール&オンロードタイヤセットとアルミストレートマフラーが付いてくる~!!

つまりコイツに
1quad-22.jpg

これと
1IMG_0739.jpg

これが
1IMG_0886.jpg

付いてくるんだぜぃっ!
こちらも当然納車整備と保証付きでっせ!

ちなみにご注文の際は"春風セールのブル!"、もしくは"春風セールのクアド"とコメント入れてください。
また、倉庫在庫が無くなり次第終了となりますので、品切れの際はご容赦いただけますようお願いいたしますm(_ _)m

さぁ!貴方もこの機会に是非ATVをゲットして
春風になっちゃいましょう!!
【2007/03/04 01:13 】
過去ログ | コメント(0) | トラックバック(0)
| BlogTop |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。